一番サポートしたい人

たくさんのブログの中から、
「Kurashi iroiro」に
お立ちより頂きありがとうございます。

名古屋市緑区在住の
整理収納アドバイザー 佐々木貴子(プロフィール⇒★★★)です。



タイトルの通りなんですが、

私が一番サポートしたい人、
アドバイザーの勉強を始めたころ、
テキストの中のワークの内容なんですが、
振り返ってみました。

誰かというと、
「子育て時代の私の母」
なんです。

今は、もう亡くなってしまいましたが、
生きていたら、きっと、
片付けさせてもらってたと思います。

母には、きっと、
「そんなに捨てられない~」
「あんまり場所を変えないで~」
と言われそうですが・・・

私が育ったお家は、
THE昭和。
オイルショックがあったころの戸建て住宅です。

オイルショックって・・・懐かしすぎる言葉119.png

あまり、家の写真はないのですが、
家を建て替える前に取った写真があります。
b0369854_12004979.jpg

生活スペースにはモノがめちゃくちゃ多いわけでもないけれど、

収納の中と、和室1室は
使ってないモノがいっぱいのカオス状態でした。

建て替前の引っ越しの時に、
出てくる出てくる不用品の数々・・・

押入れの中も、母の若いころの服やら、
どっかでもらってきたプラスティック製品。
頂き物の陶器セット。
手放せなかった絵本。
小さいころの服。
(私その時すでに30超えてました)


その押入れのある和室は、
衣裳部屋だったのですが、
タンスに入りきらず、
どんどん収納が増えていってた気がします。


母は子育て時代、
ミシンの内職をずっとやっていました。

片付ける時間がなかったのかな。
今は、聞けませんが、

捨てるのが苦手だった、
捨てることに罪悪感を感じる


ということが一番大きいかもしれません。


モノが比較的手に入りやすくなった時代。
でも、使えるモノは捨てるモノじゃない。
という考えで育ってきてるので、
増えていく一方だったと思います。


そんなお家でも、
私は大好きな場所でした。


今の私が学んだ整理収納をしてないお家ですが、
大好きな場所でした。

でも、
子どもって、どんなお家でも、
自分のお家が大好きなんだと思います。



今学んだ事を、
子育て時代の母に、アドバイス出来たなら、
やはり、

「家事の動線」に沿った収納をアドバイスしたいです。


そしたら、
母の家事は、もっと楽になっていたんじゃないかな。。。
と思います。


そう、
子育てママに一番大切なのは、
家事動線なんですよね!!


その動線の先の収納が、
取り出し易く、戻しやすい状態になってたら、
さらにスムーズに家事がはかどりますよね。


そんな、思いで、
お片づけで困っている子育てママに、
お片づけサポートを利用して頂きたいな、
と思っています。

<ご提供中のメニュー>⇓⇓⇓

●お片付けサポートのご案内
★★★
 お客様のご自宅で、私と一緒に整理収納をすすめていくサービスです。
お片付けの基本セミナーのご案内★★★
 自宅でセミナー開催しています。


お問い合わせ・ご予約は
よりお願い致します。

お申込みフォーム

もしくは
kurashiiroiro@gmail.com
までご連絡ください。



今日もブログをお読み頂きありがとうございました。
ランキングに参加しています。
励みになりますのでポチっとしていただけたら嬉しいです


にほんブログ村




もの、ごとランキングにも参加中です



[PR]
by kurashiiroiro | 2018-04-09 12:46 | ●仕事への思い | Comments(0)